1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 15:00:58 ID:SVIO+zag0

9fb9dcb7.png

 

黒沢「がはははは!」

キャバ嬢「黒さんサイコー!」

黒沢「酒だもっと酒もってこーい」


黒沢は女遊びにハマっていた

そしていつしか借金生活!


黒沢「はぁ・・やっちまった・・とても返せる額じゃねぇぞ」

遠藤「黒沢さん、金はできたかい?」

黒沢「うっ・・金の取立てか!?言っておくが金はもうないぞ」

遠藤「ならしょうがねぇな、おい」

部下「はっ!」

黒沢「なっ、なにをしやがる!?うわっ・・やめろ!」

遠藤「借金が返せねきゃ体で払ってもらうしかないな」

黒沢「は、はな・・へ・・」

遠藤「ククク・・・離へません」

参照:黒沢「借金が積もり積もってこんな地下へ来るとは・・・」 
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1248933658/l50



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 15:01:34 ID:uHmlbIaB0

黒沢って死んだだろ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 15:32:52 ID:ZLM0z3TI0

>>2
明確に死んだ描写なくね?

黒沢ならあそこから蘇っても
違和感ねーきがするけど


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 15:04:58 ID:zq47yVS60

無理っ……
豪遊するなんて無理っ……!!
俺には……!!


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 15:05:46 ID:ncct91al0

ダンスするほう?映画監督のほう?


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 15:10:24 ID:4eGpGEpcO

>>4
どちらかと言えばアジフライの方


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 15:06:23 ID:qxCRwpWX0

黒沢ならタラコの金で遊べるだろ


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 15:09:05 ID:SVIO+zag0

黒沢「うぉぉおおお!」

部下「遠藤さん・・こ、こいつ・・まだ抵抗してきま・・ぐわっ!」

部下B「こいつ・・さっさと眠りやがれ!」

黒沢「くそっ、こんなとこで捕まってたまる・・かっ・・!」

部下C「ぐわっ!」

遠藤(ちっ・・・なんて奴だ・・まだ動けるとは・・・)

遠藤「ほっておけ!どうせすぐ動けなくなる!」

部下「は、はい」

黒沢「その前にお前らをぶちのめし・・・て・・・・」

遠藤「ようやく寝たか、連れてけ」

部下「わかりました」


気がつけば黒沢は地の獄・・!
地中の底の底・・・
強制労働施設にいたっ・・・!


黒沢(働く・・・働き続けなければならないっ・・・こんな悪夢があるか!)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 15:19:35 ID:SVIO+zag0

班長A「よし、終了」

黒沢「ふぅ、ようやく終わりか・・・」

班長A「A班行進・・・!イチニ!イチニ!」

黒沢(ノロノロ・・・)

班長A「脱衣っ・・!」

黒沢(シャワーにソープか、なかなか衛生的じゃないか)

班長A「体を洗ったら部屋で食事だ」

黒沢(ようやくメシか、一日動きっぱなしだったから空腹の限界だ・・・)

黒沢「あれ・・・?」

班長「どうした?」

黒沢「食事ってこれだけですか・・?」

班長「ああ、そうだ」

黒沢(ぐっ・・・なんだよこりゃぁ・・・1日働いてたったこれだけだとっ!)

黒沢「ふざけるなっ!」

周囲の人「なんだアイツ?・・・新入りか・・・ざわ・・・ざわ・・・」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 15:24:12 ID:PEHVa0whO

早くしろよホームレス


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 15:30:14 ID:SVIO+zag0

班長A「どうした?」

黒沢「どうしたもこうしたもない!なんだこの食事の量は!」

班長A「そんなこと言われても食事量は決められてるのだからしょうがないじゃないか」

黒沢「ぐっ・・・あれだけ働いたというのにこれっぽっちか・・・」

班長A「ふむ、新入りの黒沢君だったか・・・君の働きはなかなかのものだった」

黒沢「そうだろうっ!ならもっと食わせてくれたっていいじゃないか!」

班長A「まぁ待て、君は現場経験者かね?」

黒沢「ああ・・・穴平建設にいた」

班長A「なるほど、ならこういうのはどうだろう?」

黒沢「あん?」

班長A「君の仕事次第によっては食事を特別優遇する、これでどうかね?」

黒沢「おおっ!そいつは良い!」

班長A「よし、では今日の分は特別大盛りにしよう」

黒沢「ありがてぇ!班長、明日もがんばるから飯のほう頼むぜ!」

班長A「ああ、わかった、期待しとるよ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 15:42:21 ID:SVIO+zag0

黒沢「よし、ここは俺にまかせろ!」

黒沢「どけどけぇっ!ユンボが通るぞ!」

黒沢「よし、こっちの掘削は終わったぞ」


黒沢は懸命に働き地下で活躍を見せた


班長B「あの黒沢っていうのなかなかやるじゃないか」

班長A「ああ、働きに応じて食事量を増やすといったらあのとうりだ」

班長C「現場経験者か、ゆくゆくは班長にもなりそうだな」

班長A「そうだな、おっと、作業修了の時間だ・・・」

黒沢「なんだ、もう終わりか」

班長A「ああ、お疲れ様よくがんばったな黒沢くん」

黒沢「おう、なら今日の飯も多目に頼むぜ」

班長A「ああ、わかってる、期待してくれていい」

黒沢(飯がたくさん食えるならこの生活も悪くないな・・)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:00:21 ID:SVIO+zag0
黒沢の働きは認められE組の班長となった 

黒沢「よし、今日はここまでみんなお疲れさん」

黒沢(さて、飯だ飯)

横井「はぁ・・はあ・・・」

黒沢「おいおい、横井さん大丈夫か?」

横井「ぜぇ・・はぁ・・・」

前田「班長、医務室に連れてきます」

黒沢「そうだな俺も行く」

前田「え、そんな・・・わざわざ班長が行く必要は・・・」

黒沢「バカやろう!班長の俺が行かなくてどうする!」

前田「班長・・・」

黒沢「みんな俺の大切な部下だ!体を壊させるわけにいくか」

前田「うぅ・・・班長・・ボロ・・ボロ・・」

黒沢(なんだ・・なぜ泣くんだ・・・?)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:06:43 ID:SVIO+zag0

横井「ありがとうございます班長・・・」

黒沢「なに、当然のことだ礼言われるほどのことでもねえよ」

横井「こんなにやさしい班長ははじめてです」

黒沢「なんだよ、そんなに他の班長はひどいのか」

前田「ここではみんな自分のことでいっぱいいっぱいなんですよ、班長といえど例外じゃないです」

黒沢「ふーん、ところで横井さんなにか欲しいものはねえか?」

横井「い、いえ・・・あってもその・・ペリカがないので・・・」

黒沢「なんだよ、そんなの俺のおごりに決まってるだろ」

横井「え?いいんですか?」

黒沢「あたぼうよ」

横井「うぅ・・・班長・・・あなたはまるでマザーテレサだっ・・ボロ・・」

黒沢「なんだよ横井さんまで・・・班長として・・いや、人として当然だろう」

前田「黒沢班長・・俺一生ついていきますっ・・ボロ・・ボロ・・」

黒沢「はぁ・・・」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:13:44 ID:St5+cSwpO

本編で死んだ黒沢さんですか


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:14:22 ID:SVIO+zag0

黒沢「ふーん、45組か・・でもなんで借金なんてしたんだ?」

前田「それが・・ギャンブルで負けちゃって」

黒沢「しかし大槻の奴はいくらなんでもひどいな、給料半分カットなんて」

前田「ええ、でも・・俺達じゃ逆らえない」

黒沢「よし、俺から言ってみてやるよ」

前田「え・・やめたほうがいいですよ」

黒沢「なんでだ?」

前田「大槻班長は人身掌握に長けていて・・仲間も大勢います」

黒沢「仲間っていっても関係ないだろ?話し合いしにいくだけだし」

前田「そ、それはそうですが・・・この地下ではかなりの発言力もあるしヘタに逆らうと黒沢班長の立場が・・・」

黒沢「カカカッ!心配すんなって、考えすぎだ」

前田「はぁ・・・」

黒沢「じゃあちょっと行ってくらぁ」

前田(なにも起こらなければいいけど・・・)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:18:31 ID:X6HV2nWLO

黒沢は地下でも死ぬのか


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:19:11 ID:WzQd0ByeO

これは期待


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:32:21 ID:SVIO+zag0

黒沢「というわけで正規の給料を払ってくれないか?」

大槻「それは出来ん、彼らだって納得した上で承諾したのだし」

黒沢「けどそれって搾取だろ?上に立つものがそんなことしていいのかよ」

大槻「問題ない、そういうルールだ」

黒沢「ちっ・・・クソ野郎が」

大槻(ふん、なんとでも言え)

黒沢「じゃあな」

大槻「うむ」

石和「いいんですか班長?あんな新米班長に好きなだけ言わせて」

大槻「いいさ、わしはプライドより実をとる」

沼川「はぁ・・班長がそう言うなら・・・」

石和(ふん・・班長が許しても俺は許さないぜ・・)

沼川「どうした石和?」

石和「沼川、班長に秘密で仲間を集めろ」

沼川「石和・・お前・・・・・わかった、俺も同じ気持ちだ、ククク」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:36:24 ID:3uxgHBXCO

何かの番組に作者出て
「黒沢は死んでない」って言ってたぞ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:40:42 ID:b3EC9hin0

福本作品で黒沢が一番好きな俺歓喜


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:44:16 ID:SVIO+zag0

石和「ちょっと黒沢さん・・・」

黒沢「あん?なんだお前ら大勢で集まって?」

石和「あんたちょっと調子に乗りすぎなんだよ」

黒沢「・・・ククク、なるほどそういうことか」

石和「おい、お前ら!やっちまえ!」

手下「おうっ!」

黒沢(チッ・・数が多すぎる!)

手下「逃げたぞー追えーっ!」

黒沢(やってくれるじゃねえか大槻のヤロウ)

石和「逃がすなー!」

黒沢(ククク、ただ逃げるだけだと思うなよ)

手下「曲がった、左だ!」

黒沢「そうだ、角を曲がった瞬間に・・叩く!」

手下「ぐわっ!」

手下B「うぎゃっ!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:48:50 ID:x2Nel1N8O

黒沢とアカギってどっちが
喧嘩強いんだろう


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 19:30:10 ID:8bam8vwgO

>>27
アカギ:何でもこなせる
黒沢:ガタイと勇気

涯:技術あり


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:50:12 ID:SVIO+zag0

石和「なんだ・・・一体なにが起こってる・・・?ざわ・・・」

黒沢「・・これでラストだ!」

手下M「ぐぎっ!」

黒沢「はぁ・・はぁ・・全部やったか」

石和「13人の手下がたった3分で全滅だと・・」

黒沢「おっと、まだ一人残ってたっけな」

石和「う、うわぁぁぁ!!!」

黒沢「逃がすか!」

石和「ぼぎゃッ!」

前田「黒沢班長!一体なにが・・・・あっ!」

黒沢「おお、前田か、大槻の刺客をたった今返り討ちにしたところだ」

前田「す、すげぇ・・・・」

黒沢「大槻のやろう、今からとっちめに行ってやる」

前田(なんてすごい人だ・・・うちの班長は・・・)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 16:59:51 ID:SVIO+zag0

黒沢「やい大槻よくもやってくれたな!」

大槻「なにを言ってるのだ?」

黒沢「すっとぼけるのもいい加減にしろ!手下を使って俺を襲わせやがって!」

大槻「な、なんのことだ!?わしは知らんぞ!」

黒沢「問答無用!」

大槻「ぶぎゃっ!」

黒沢「これに懲りたらもう変な考えは起こさないことだ、次は・・容赦しない!」

大槻「ひぃぃぃ!ひぃぃぃぃ!」

前田(すげぇ・・・大槻班長を完全にやっつけた)


大槻は45組に正規の給料を払うこととなった 
そしていつしか黒沢は地下労働者達の
リーダー的存在になっていた
  


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 17:02:36 ID:YyILJQZX0

大槻少しかわいそうだwww


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 17:05:54 ID:sgPtGRQ80

黒沢は本当に良い奴だった


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 17:06:09 ID:3uxgHBXCO

まさに最強伝説wwww


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 17:25:31 ID:SVIO+zag0

黒沢の手腕により地下労働者達の生活は
大分良くなった


前田「いらっしゃいいらっしゃい、これまでの半額で販売するよ!」

労働者「ありがてぇ!黒沢班長さまさまだな」

班長A「黒沢くんのおかげで労働者達の作業効率も上がった」

班長B「そうだな」


黒沢は現場でいつ倒れてもいいように全員のペリカを集めて
保険制度を設けたり、体調の悪いものは休ませるなどをして
労働者が安心して働ける環境作りをした
すべてが順調に見えたが・・・


黒崎「うむ、地下労働者がずい分と活気付いてるようだが・・?」

眼鏡「はっ、黒沢という男が全体をまとめてから地下はずい分と様子が変わりました」

黒崎「ふむ、作業効率はたしかに上がってるようだが・・・それでは面白くない」

眼鏡「黒崎様のおっしゃるとおりです」 

  
帝愛のナンバー2黒崎義裕と黒沢・・対決の火蓋が切って落とされた


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 17:30:50 ID:focn52KF0

黒沢はそんなトップになれる人じゃない


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/30 17:39:09 ID:7DXoYdqI0

これは序盤の黒沢ではない・・・!